油圧シリンダの総合メーカー 株式会社堀内機械

Greetings
ものづくり、人づくり、しあわせづくりで社会に貢献。

 弊社は1941年に創業し、70余年の歴史があります。オイルショックの頃には油圧シリンダーに特化し、「JIS型標準シリンダー」の製作を始めました。さらに、「IT」という言葉がない時代に、オリジナルのシステムを立ち上げ、完成品の在庫なし製品を、受注から4日でお客様に届ける新しいビジネスモデルを構築しました。リーマンショックの後、海外に目を向けはじめ2011年、中国に「蘇州堀内機械」を立ち上げ、中国進出しているお客様に日本と同じサービスが提供できるように、輸出が難しい地域での「地産地消」を可能にしました。昨今では、油圧シリンダー単品生産の他に、ポンプやバブルなどをユニット化した「サーボシリンダー」を開発しています。企業の研究開発部門のお客様に好評で、その実績等が評価され、経済産業省近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」選定製品にも選ばれました。
 経営理念は「ものづくり、人づくり、しあわせづくりを通して社会に貢献し続ける。」です、ものづくりにこだわってしっかりといいものを作りたい。お客様に喜ばれるものを、特に納期にこだわって「お客様が欲しいときに」「適正価格で」作りたいという考え方です。そのためには今までと同じ事をしていてはいけません。今現在、そして未来へと、進化していかなくてはお客様に喜びを与え続けることはできません。それを支えるのが「人づくり」です。しっかりいいものを作って、自己成長して、それが利益という形で帰ってきて、社員も家族も幸せに、そして地域会社も幸せになっていく「しあわせづくり」の連鎖が大切だと考えています。

株式会社堀内機械は、いつも一歩先を見つめ前進を続ける戦略型企業です。株式会社堀内機械は、いつも一歩先を見つめ前進を続ける戦略型企業です。

会社概要

名称 株式会社堀内機械
創業 1941年12月
資本金 6,400万円
代表取締役 堀内 晋平
事業内容 各種油圧シリンダ製造・販売
本社所在地 〒590-0824 大阪府堺市堺区老松町1丁37番地
従業員数 270人(2016年4月)
国内拠点 本社・堺工場製造1課 大阪府堺市堺区老松町1丁37番地
堺工場製造2課 大阪府堺市西区上101番地
京都工場 京都府綾部市城山町10番地
国内営業拠点 東京営業部 東京都千代田区外神田 5-2-2 セイキ第1ビル3F
名古屋営業部 愛知県名古屋市千種区今池5丁目1番5号 名古屋センタープラザビル6F
大阪営業部 大阪府大阪市中央区博労町1-8-2 三共堺筋本町ビル3F
海外代理店 25拠点 
  • 本社
  • 堺工場製造2課
  • 京都工場

沿革

1941年 12月 堀内正男個人企業を以って、堀内機械製作所創業、製針機械の製造開始
1948年 3月 精密工作機械の製造開始
1959年 9月 式会社堀内機械製作所と改組、資本金450万円として代表取締役社長に堀内正男就任
1961年 9月 堺市老松町に油圧シリンダ工場(現本社工場)を新設、製造開始
1969年 6月 工場(油圧シリンダ)の合理化案に基づき、第1期工事として工場敷地を整備
1969年 6月 営業部、技術部、製造部の新社屋を建設完成
1970年 2月 第2工場総合合理化案に基づき、第2期工事としての本社工場新築完成
1972年 油圧シリンダ専業メーカーへ転身
1974年 9月 東京営業所開設
1985年 4月 名古屋営業所開設
1985年 5月 第2工場(鳳工場)をJIS準拠シリンダ専門工場として完成
1985年 7月 ロボットによる無人製造ライン完成
1989年 1月 堀内昭正が取締役社長へ就任
1991年 2月 株式会社堀内機械と改組
1991年 6月 京都府綾部市にJIS準拠シリンダ専門工場を完成
1991年 9月 京都工場内にJIS準拠シリンダ一貫無人製造ラインを完成
1997年 9月 全社コンピュータをクライアント/サーバシステムに一新
2001年 11月 ISO 9001:1994 認証取得
2004年 12月 ISO 9001:2000 認証取得
2005年 12月 京都第2工場を完成
2007年 5 月 「元気なモノ作り中小企業300社2007年度」に選ばれる
2008年 2月 経済産業省「中小企業IT経営力大賞」優秀賞受賞
2008年 5月 堺ブランド「堺技衆」に認証される
2010年 11月 堺ブランド「堺技衆」に認証される
2011年 9月 中国・江蘇省に「蘇州堀内机械有限公司」として本格稼働
2013年 10月 鳳工場JIS準拠シリンダを京都工場に集約移管
2013年 10月 技術部内に開発部門新設
2015年 9月 鳳第2工場をオーバーホール専用工場として開設

営業日のご案内

納期・価格・形式・カタログ内容等
についてのお問い合わせは

東京
03-5688-1991
名古屋
052-744-0161
大阪
06-6263-6060

各種技術計算などについてのお問い合わせは

お問い合わせ時間 9:00~16:00

技術
072-273-8180

よくあるご質問