株式会社 堀内機械  
HMCC
製品情報・購入サポート
  • 製品情報
  • CAD
    • 2D CADデータ
    • 3D CADデータ
  • 購入サポート
    • 価格・納期・質量
    • 出荷情報
  • ホリウチDirect
    • ホリウチDirectは運送会社の代引を利用した直接販売です。
  • システム・技術情報
  • 技術
  • システム紹介
    • システム紹介
    • ウェブシステム紹介
  • FAQ
  • web order system
  「中小企業IT経営力大賞」優秀賞受賞
ISO9001:2008
認証取得
「中小企業IT経営力大賞」優秀賞受賞

メカニカルロックシリンダ

概要

長時間保持に最適
ロック機能付シリンダ(KBL)をFFシリーズ(14MPa)とドッキング。
小形化、短納期(従来機種比)、カタログ商品としてシリーズ化し、多種多様なニーズに対応します。
ロック中は無動力で、省エネにもなります。

メカニカルロッキング
弾性変化を利用したメ力ニ力ルロッキング機構なので、長時間安定した位置保持が可能です。
また、バックラッシュも、内部リークなどによる自重落下もありまぜん。


特長

@シンプル
KBLは金属の弾性変形を利用したメカニカルロッキングシリンダであり、構造が極めてシンプルです。

A任意の位置でロック
ストロークのどの位置でも、ピストンを確実につかみ、ロックします。

Bフェイルセーフ構造
KBLはシリンダチューブ内のアンロック圧力が低下すれば、自動的に口ック力を回復する構造となっています。従って、油圧制御系の圧力降下等に対しても有効です。

C長時間のロックができ省エネ
KBLはメカニカルロックのため、全く動力を必要としないで長時間のロックができ、省エネであるとともにロック位置の保持も高精度です。

D過負荷にもダメージを受けない
ロックカを超えた過負荷を受けた場合でも、スリップするだけです。
負荷が正常に戻れば、直ちにロック機能を回復します。


作動原理

金属の弾性変形を利用したメカニ力ルロッキング機構なので、長時間安定した位置保持が可能です。
バックラッシュも内部リークなどによる自重落下もありません。

ロック状態

アンロック状態


標準仕様

KBL
シリンダ内径 φ50〜φ180

ストローク

φ50:1,500mm、 φ63・φ80:1,600mm、 φ100〜φ180:2,000mm

保持力

27,000〜350,000N (シリンダ断面積×14Mpa)

標準アンロック圧力

φ50〜φ100:32Mpa、φ125〜φ140:30Mpa、φ150〜φ180:29Mpa、

シリンダ推力

FFシリーズ出力の92..8%

シリンダ始動圧力

1MPa以下

※ロック力は 標準型-KBL参考寸法書 をご参照ください。


用途

● 試験機 ● 建設機械 ● ロケット発射装置
● 土木機械 ● 船舶機械 ● 工作機械
● 鉱山機械 ● 車両台車 ● 材料搬送設備
● 油圧シミュレータ ● 石油掘さく機械 ● ダムゲート
● 走行制御装置 ● 航空宇宙機器 ● リニアモーターカー

御使用上の注意

(1) アンロック圧力は必ず±10%の範囲内でご使用ください。この範囲を超しますと完全にアンロックできなかったり、スリーブの弾性限界を超しロックカが再現できなくなることがあります。この場合製品として保証しかねます。 
〈 アンロック圧力は標準仕様参照 〉
(2) アンロック回路のコンタミには十分ご注意ください。
アンロック・ポートには別売の山信工業製フィルタ(型式:特SS 02-12-00)をご使用ください。
(3) 作動油は一般鉱物油をご使用ください。(ISOVG32推奨)
(4) KBLはお客様では分解できません。メンテナンスは必ずメーカーへご相談ください。

参考資料

標準型-KBL参考寸法表 シリンダ使用の参考油圧回路図 KBL-引合い仕様書





ページトップに戻る
Copyright (C) 2006 HORIUCHI MACHINERY Co., Ltd. All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ